ショッピングカート

トロフィーを複数点ご購入のお客様へ

LINEで送る
Pocket

カゴニ入れる前

「トロフィーを複数購入しようと思ったが
1回づつ完了しなくてはいけないので何回かに
分けて注文しました」

「トロフィーをカゴに入れ他のトロフィーを購入
しようと戻るを押したらカゴに入っていない」

というご意見/お問合せがございました
のでこのブログに記載します

まず基本的に戻るなどのボタンがある場合
はブラウザの戻るではなく戻るボタンをクリック
して戻ってください

カゴに入れるをクリックしますと以下の
画面が表示されますのでページ下の戻るボタン
を押して戻ってください
これを繰り返し全ての商品をカゴに入れてください

カゴに入れた後

お問合せの「カゴに入っていない」はここで
ブラウザの戻るボタンで戻ったのだと思われます
画面は以下の画面となります
カートには入っていますのでカゴの中を見る
をクリックしてください0だった数字がご入力の
数字に変わります

カゴニ入れる前

彫刻内容は全ての商品を入れたあと進んで
いきますと「お届け先指定」画面になります
ログインもしくはご住所をご入力いただき
「上記のお届け先のみに送る」をクリック
すると最下部に彫刻内容入力欄がございます
のでそちらにご入力ください 別途メールや
添付ファイルでのご連絡でも承ります

彫刻内容記入欄

本日叙勲サイトで販売しております佩用金具
の御注文をFAXでいただきました
大変な思いをなさったのではと思い各サイト
にFAX注文書へのリンクを設けました
FAX注文書はプリントアウトするタイプと
ファイルに入力するタイプのものをご用意
しておりますのでご希望のものをダウンロード
ください

LINEで送る
Pocket

カートをご利用のお客様へ

LINEで送る
Pocket

弊社サイトをご覧/ご利用いただきありがとう
ございます
カートを操作中にご注意いただきたい点がございます
のでご利用の際はご注意くださいますようお願いいたします

クレジットカード(Paypal)を選択後、次の画面に
進みますとカード情報を入力せずに中断した場合も
ご注文データが残ってしまいます

弊社サイドではご注文を中断なさったのか、何かの
エラーなどで決済完了ができなかったのかは分からない
為お客様へ購入意思確認のご連絡をいたします
(必ずご返信をくださいますようお願いいたします)
その返信を持ちまして「キャンセル処理」や「受注処理」
を行います

他の決済方法は送信完了まで「ご注文」としてデータ
は残りませんがクレジットカード(Paypal)を選択後
次の画面に進みますと「ご注文完了」とし支払処理
に移動します ここに十分ご注意ください
何卒よろしくお願いいたします

LINEで送る
Pocket

facebookページにショッピングカート追加

LINEで送る
Pocket

昨日個人のfacebookページにショッピングカート
を追加しました
本店サイトのデータを直接と思いましたが制限
があるため本店の表示を変えなくてはならず
新規に作成し表示しています
facebook 商品案内

「新規に作成するのは大変」と思われるかもしれ
ませんが以外と簡単ですのでご紹介します

同じ環境で同じデータベースでテストを と以前から
考えていまして行き着いた方法です
バージョンアップ時カスタマイズ時に便利です

まずデータベースをコピーしますSSH ROOTでの操作
新しいデータベースを作成
# su – postgres
-bash-4.1$ などと表示されます
新しいデータベースを作成します
createdb -U postgres コピー先db名
現在使用しているデータベースを新しいデータベースにコピー
pg_dump -U postgres -Ft -b コピー元db名 | pg_restore -U postgres -d コピー先db名

コピーは完了しましたが所有者がpostgresになっています
のでオーナーの変更をします
-bash-4.1$ などと表示されたままの状態で
psql template1 と入力
template1=# と表示が変わります
select usesysid from pg_user where usename = ‘既存のユーザー名’;
と12345などと数字が表示されます その数字を以下の
数字という箇所に入力してtemplate1=#の表示の後ろに
入力します
update pg_database set datdba = 数字 where datname = ‘新しく作成したdb名’;
template1=# \q でます
-bash-4.1$ exit でます

rootからユーザーに変更しここからはユーザで
操作します アップロードが大変なファイルや
書き換えが必要なファイルを予め別フォルダに
コピーしておきます(コピー先フォルダをcopyとしています)
ユーザの状態で以下のコマンドでコピー
# cp -r /home/○○○○/public_html/既存のECCUBE/data/config/ /home/○○○○/public_html/copy/
# cp -r /home/○○○○/public_html/既存のECCUBE/upload/save_image/ /home/○○○○/public_html/copy/
save_image内には商品画像が入っており商品数にもよりますが
移し変えに時間がかかります
data/config/config.phpには
define(‘AUTH_MAGIC’, ‘文字列’);が入っており既存会員の暗証番号
を復元するのに必要です

最新バージョンのECCUBEをダウンロード
# cd /home/○○○○/public_html
# wget http://downloads.ec-cube.net/src/eccube-2.12.2.zip
# unzip eccube-2.12.2.zip
eccube-2.12.2というフォルダ名でファイルが解凍されて
いますので任意の名前に変更
cp -r /home/○○○○/public_html/copy/save_image/ /home/okada/public_html/変更したフォルダ名/upload/
cp -r /home/○○○○/public_html/copy/config/ /home/okada/public_html/変更したフォルダ名/data/
で商品画像などを新しいフォルダにコピーします

ブラウザでアクセスしてインストール
http://ドメイン名/ECCUBEフォルダ/install
データベースを初期化しない にチェックを入れてインストール
してください
カスタマイズしている場合は上書き/追加してください
これでテスト環境ができました わずか数分です

データベースが必要ですなどと表示されてうまく進まない場合は
install/temp内にあるログを削除する data/config/内のconfig.php
を削除するとインストールできます
config.phpを削除した場合はcopyフォルダ内のconfig.phpを参考に
define(‘AUTH_MAGIC’, ‘文字列’);の書き換えが必要です

その際管理画面にログインできなくなるため予め管理画面の
メンバー編集画面を開いておきパスワードを再設定してください

テスト完了後そのまま使用したい場合は運用中のフォルダ名を
変更(バックアップ) 新しく作成テスト環境のフォルダ名を
運用中のフォルダ名に変更すれば これもまた一瞬で最新バージョン
に入れ替え完了できます
現在運用中のデータベースを使用したい場合はconfig.phpの
データベースに該当する部分の書き換えも必要です

LINEで送る
Pocket